サンドブラストの種類

前回、サンドブラストとはどのような加工なのかを簡単に解説しました。
今回はサンドブラスト機の種類について紹介しようと思います。

一般的に使われるサンドブラスト機の種類は大きく2つに分かれます。
・直圧式
・サイフォン式
この2つです。

では、それぞれどのような仕組みなのか簡単に説明していきます。

●直圧式
tyokuatu
上の図は直圧式と呼ばれるサンドブラスト機の簡略図です。
少し複雑に見えるかもしれませんが、仕組み自体は難しくありません。
『タンク』から落ちた研磨材を空気と一緒にノズルまで運んで噴出すだけです。
(よく勘違いされる方がおられますが、研磨材を空気圧で押し出しているわけではありません。タンク内とエアーの通るチューブは同圧の為、研磨材は重力による落下しかしていません。)

この方式のメリットとして、圧の弱いコンプレッサーでも比較的強いブラストができるというところでしょう。
コンプレッサーからの圧縮空気がそのままブラスト圧となる為です(12L/分という小型のコンプレッサーでもサンドブラスト加工が可能です)。錆びや塗装を剥いだり、素材を貫通させるぐらいの深彫りをしたいならコチラの方式が適切だと思います。
デメリットとしては、研磨材をタンクに補充しなければならないことと、比較的詰まり易い(詰まった際にメンテナンスが手間)というところでしょうか。

また、一見複雑な構造に見えますが、材料を全てホームセンターなどで揃えて作ることができるブラスト機でもあります(ホースの接続などが厄介ですが)。研磨材を入れるタンクについては、WEBで検索すると色々な物がありますよ。最近の流行は炭酸飲料のペットボトルとか・・・。
当サークルでもサンドブラストをやり始めた頃は自作の機材でやていました(笑)

●サイフォン式
saifon
コチラはサイフォン式と呼ばれるサンドブラスト機の簡略図です。
直圧式に比べてかなりスッキリしていますね(笑)
このサイフォン式サンドブラスト機はコンプレッサーから出る空気によって発生する負圧によって研磨材を吸い上げ、空気と一緒に噴出させる構造になっています。よくわからない方は『サイフォン』で検索すると詳しいサイトが出てきます。

この方式のメリットですが、研磨材を循環して使用できる為、長時間作業する場合などに最適といえます。また、ノズル以外の仕組みがかなり簡単な設計となっているため、メンテナンスなどの手間が掛からないという点も大きいでしょう。
デメリットとして、ノズルが通常では販売していない(ホームセンターなどでは普通おいていない)特殊な物であることと、コンプレッサーにそれなりの馬力がいる点でしょう。直圧式と違って、コンプレッサーの圧がそれなりにないと研磨材を吸い上げることができません(コンプレッサー圧が必要といっても100L/分程度あれば十分です)。

現在、当サークルで使用している方式はこのサイフォン式です。

いかがだったでしょうか?
もし「サンドブラスト機ホシィィィ!」という方の参考になれば幸いです(笑)
実際にはどちらの方式でもサンドブラスト加工は可能ですが、サンドブラスト機も一つのツールです。
何に使うか、どのように使うかを考えて、自分に適切な方式はどれかを選択してもらえたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です